煤竹渋扇八寸五分・濃紫色地

品切れ中

本煤竹、渋扇八寸五分尺 濃紫色地  サイズ・約25.5cm・18間

100年から200年の時を経た、煤竹という最高の素材をつかい渋扇を極める・・・

そんな想いで渋扇を制作しています。

永い間燻された煤竹を水に浸し、乾燥させ、丹念に磨き上げると、まさに煤の中から渋く味わい深い煤竹独特の風合いが生まれ出ます。

八寸五分の丈で肉厚も最大限に分厚くとり、煤竹の性質を生かしたなめらかな形状の扇骨を作り上げることができました。

分厚い和紙に柿の渋を丹念に塗り重ねることによって出来た硬度の高い扇面を、煤竹の分厚い扇骨がしっかり受け止めます。

しなやかな形の扇骨と 柿の渋を繰り返し塗った光沢のある分厚い扇面
大島紬扇子袋(別売り)


分厚い扇骨と扇面の組み合わせの関係から非常にカッチリした動作をします。

八寸五分と言うサイズは、セカンドバックに入れることが出来ますし、なによりも扇いだときの風量は七寸五分の比ではありません。

大きい分だけ親骨の幅も広くなり、煤竹の優しい手触り、色艶なども十二分に楽しめます。

また、持ったときのバランスも良く、開け閉めのカッチリした動作、パチンと閉じる心地よさ・・・

渋扇の大きなサイズを一度でも持つとやめられませんね。

是非、お楽しみくださいませ。



繰り返し塗った地紙は ときとともに濃度が上がり、漆黒です。

錫製・かなめ(説明) 先端部分

手元から先端まで流線型のライン



丹念に磨き上げられた煤竹はなだらかな曲線を描いていて、深みのある光沢が出ています。

まんべんなく柿の渋を塗った、分厚く硬度の高い地紙をガッチリと受け止めるため、煤竹の扇骨が最大限に肉厚が分厚くなっています。
そのため、開け閉めなど全体の動作がガッシリした感じに仕上がっています。

100年もの永い間いぶし続けた竹・・・柿の渋を塗っただけの無地・・それを支える錫製のかなめ・・それらを組み合わせたシンプルな形状の一見なにげないものですが、それだけに仕事はむずかしく、ごまかしが利ききません。

しかしながら完成した渋扇は非常に味わい深いのもがあります。
永い時間を経て出来た煤竹と、無地であるゆえにこそ感じる・・・まさに小さな宇宙です。


本煤竹で制作しました渋扇は煤竹の特性上、一本づつ色合いが違い、同じ物はございません。
また、地紙の色も柿渋の特徴上 年月とともに濃度が上がり、同じ色はございません。
ご了承の上ご注文ください。
ご了承の上ご注文ください。

数百年も煙に燻されて出来上がった煤竹は、色の「むら」や縄で縛った跡、窪み、キズなどが付いていますが、それらを含めて味わいと考えています。
ご了承の上ご注文ください。


材料が無くなり次第、販売終了になります。品切れの場合はご了承ください。

材料の価格上昇ため販売価格が上がる場合がございますので、ご了承ください。


  「カートに入れる」をクリック後、数秒で商品明細と金額が自動計算の内容ページへ自動移動し
   見積の表示をします。
  ご安心ください! クリック後の時点で「お見積り」です。
  お見積り後に、送り先等入力いただくことで注文となります。
  カートシステムですので複数でも楽にご注文出来ます。
  変更、取消、中止などはカートの内容ページで出来ます


本煤竹、渋扇・八寸五分 濃紫色地・ 税抜価格 \13,000
ご注文の場合は下に購入数を入れ【カートに入れる】ボタンを押して下さい。  

カート内で税込価格を表示致します。  
 本煤竹、渋扇・八寸五分 濃紫色地 税抜価格 \13,000 
  扇子袋・別売り 
 本煤竹、渋扇・八寸五分用 桐箱 税抜価格 \1,500  ●品切中


 ■本煤竹、渋扇・八寸五分用 扇子袋 表示金額は税抜価格です。
  写真をクリックすると拡大写真(扇子袋一覧)へ
●品切中   ●品切中
本場大島紬・亀甲絣:\2,500 龍村美術・糸屋輪宝手:\2,500

名前入  親骨に漆加工 一文字 税抜価格 \250

漆の色 書体

写真をクリックすると名前入れのページに行きます




トップページ    本煤竹、無地一覧   ●本煤竹、渋扇手描き一覧